脚・膝・くるぶし

くるぶしの黒ずみを綺麗に!4つのNG習慣&おすすめアイテム5選

2019年7月4日

くるぶし 黒ずみ

https://kurozumi.site

くるぶしの黒ずみ、嫌ですよねぇ。どんなに可愛いパンプスをはいていても、くるぶしが黒ずんでいると一気に生活感がでるというか年齢を感じさせるというか・・。

でもくるぶしの黒ずみは年齢は関係ないんだよね
しろくまくん

そう、若くてもくるぶしの黒ずみに悩んでいる人は多い!特に座るくせによって、座りだこができてしまってる人多数。

黒パンちゃんも、あぐらをかけば即効でくるぶし黒くなるかわいそうな肌の持ち主です。

パンダちゃん
本当にすぐ黒ずみます

同じお悩みを持っている人達のギモンを解決すべく、絶対やらないでほしいNG習慣やおすすめの黒ずみケア方法などを紹介していきます。

すぐにおすすめランキングをチェックしたい人はこちら。↓

くるぶしの黒ずみにおすすめランキング

黒ずみケアクリーム【アットベリー】

敏感肌でも安心して使える、黒ずみ対策の美白ジェル、「アットベリー」!頑固なヒジやヒザの黒ずみだけでなく、脇や二の腕の黒ずみ対策コスメとしてリピーターも多い人気の商品です。じっくり試しても安心の180日間返金保障付きキャンペーンならなら5大特典もついて初回約半額で手に入ります。

デリケートゾーンの黒ずみケア専用 【薬用イビサクリーム】

デリケートゾーン黒ずみケア【薬用イビサクリーム】

口コミNo.1ワックス脱毛サロンが開発&販売したことで、「デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームといえば、イビサクリーム」!というほど売れまくった美白クリーム。トラネキサム酸を有効成分とした馴染みやすいクリームは、デリケートゾーンだけでなくなんと顔にまで使える安心成分。VIOだけでなく、全身の気になる黒ずみに使えます。

くるぶしの黒ずみ&座りだこの原因

くるぶしの黒ずみ、それは気づかないうちにやってくる・・。まずは黒くなってしまう原因を知りましょう!

摩擦

くるぶしの黒ずみ原因で一番に考えられるのは、やはり「摩擦」。くるぶしを見てみて下さい。骨、出てますよね?出てるから、やっぱりこすれやすいんですよね。歩くたびによく動く箇所ですし、動かさないようにするのは正直無理な話です。

そもそも皮膚にはバリア機能があって、外部からの刺激を受けるとメラノサイトという細胞が活性化し、皮膚を守ろうとメラニンを発生させます。黒いメラニン色素ですから、それが黒ずみとなって目に見えてしまうってわけですね。

後々、「やってはいけないNG習慣」でもご紹介しますが、とにかくくるぶしに刺激を与えない。これが一番手っ取り早く黒ずみを解消する方法です。・・とはいえ、まったく刺激を与えないようにするために、じーっとしておくわけにもいきません。

「なるべく、刺激を与えない」ようにしつつ、毎日ちゃんとしたケアをしていればいいんです。

炎症&角化

くるぶしやかかとの黒ずみをどうにかしたい一心で、お風呂に入った時にナイロンタオルで強めにこすったり、軽石で頻繁に角質ケアしたり。実はこれって「黒ずみをさらに助長させている」行為。

刺激を与えることで皮膚が炎症をおこして、さらにその炎症は角化を引き起こします。角化というのは皮膚の角質が分厚くなってしまうこと。これも皮膚を外部刺激から守ろうとするバリア機能のひとつです。

角質は、いわばいらなくなった皮膚細胞が硬くなったもので、じつはこの角質にもメラニン色素が含まれているんです。角化によって角質が厚くなることで、皮ふは一層黒ずんで見えるようになってしまいます。

古い角質は本来、肌のターンオーバー(生まれ変わり)とともに勝手に剥がれ落ちてくれるものなのです。

くるぶしが黒くなる4つのNG習慣

くるぶし 黒ずみ 原因

こういう事をすると、すぐにくるぶし黒ずんじゃいますよ・・恐怖の黒ずみ習慣の原因とは??

座り方・くせ

ダイニングテーブルじゃなくて、こたつや座卓が大好き♡という方はくるぶし黒ずんでないですか?くるぶしは骨が出ている部分なので摩擦が起きやすい部分でもあります。摩擦が起きやすいという事は、その部分の皮膚が刺激を受けて、メラノサイトが活性化⇒メラニン発生!してしまう原因に。

正座や横座りをよくする、ヨガなどであぐらをかくことが多い、という人は要注意です。ヨガの時は、ヨガマットは必須です。座るときにもなるべくくるぶしを刺激しないように気を付けましょう。

関連
座りだことくるぶしのイメージ
座りだこの治し方&きれいにする方法

続きを見る

合わない靴

自分の足のサイズに合っていない靴、履いてませんか?大きすぎるのも窮屈なのもNG。また、ストラップなどで同じ個所にずっと刺激が続くのも、黒ずみやタコの原因に。

靴ズレも色素沈着の原因になりますのでご注意を。

洗い方&間違った角質除去

お風呂に入っていつもナイロンタオルでゴシゴシ・・週に何度も軽石などでこすって、保湿ケアはあんまりしていない、なんて人も黒ずみ予備軍。

くるぶしを触ってみると分かるように、皮脂腺が極端に少なくてすぐに乾燥してしまう部分なんです。皮脂のターンオーバーも、顔が平均28日周期なのに比べるともっと長いというデータも。だからくるぶしが一度黒ずんでしまうと、黒ずみを薄くしたりもとに戻るまでには結構な期間がかかってしまうということになります。

洗う時は優しくがキホン。角質を落としたい!とゴシゴシこすってしまうと、皮膚が炎症を起こして角化し、さらにガサガサになってしまいますよ。

紫外線

意外と日焼け止めの塗り忘れが多い部分が、足の甲全体。夏になると露出することが多いのに、真っ黒にサンダル焼けしちゃった・・。ってことありませんか?

足元はただでさえ、地面からの照り返しで紫外線を多く浴びる部分。サンダルを履くときだけでなく、パンプスの時も1年を通して紫外線対策はしておきたいですね。

黒いくるぶしに効く!おすすめアイテム5選

黒くなってしまったくるぶしに効く?とされているアイテムが本当に効くのか?!おすすめのアイテムを5つ、厳選しました。

ワセリン

資生堂IHADA薬用とろけるバームとポルカワセリン

【写真左:資生堂IHADA 薬用バーム 医薬部外品 1,458円】
【写真右:ポルカワセリン カモミールの香り 550円】

ワセリンって安心して使える万能保湿アイテム!色んな化粧クリームの基材や潤滑油などにも使われることの多いものです。

顔や口もとにも安心して使えるバーム上のワセリンは、手のひらサイズのものをひとつ持っていると年中重宝します!ちょっとかさついたな、と思ったとき顔や手にぬるついでに、くるぶしにも塗って保湿。

べたつくイメージがあるかもしれませんが、くるぶしに使うならその上から靴下をはけば大丈夫。

資生堂のIHADAワセリンはすでに3個目をリピート中。均一な膜ができて、肌を保護してくれます。赤ちゃん用のワセリンほどべたつかない印象で、肌の上で美容オイルの様に溶けていきます。

カモミールの香りで癒されるポルカワセリンは、北国の厳しい環境から肌を守るため、長い間愛されてきた北国のワセリン。容器もかわいくてお気に入り。

ヒルドイド

ヒルドイドフォーム0.3%

先日、乾燥がもとで脚のすねや太ももに「皮脂欠乏性湿疹」を発症してしまい・・。皮膚科に行って処方していただいたのが「ヒルドイド」。写真のものは、新しい「ヒルドイドフォーム」で、その名の通り泡状のヒルドイドが出てくるので広範囲にも塗りやすく、スーッと伸びてとても便利。

ヒルドイドは乾燥を防ぐ保湿剤としての役割や、血行を促進したり、抗炎症作用のはたらきがあります。保湿力がとっても高いのにサラッとしていてべたつきません。

ですがヒルドイドは医療用の医薬品なので、市販薬としては販売されていなくて、皮膚科などを受診して処方してもらう必要があるものです。健康保険が適用になるのでとても安く手に入りますが、あくまで医療用。

美容目的で皮膚科を受診し、健康保険を使ってヒルドイドを処方してもらうのは「違法」です。

肌がきれいになるらしい・・黒ずみが改善されるらしい・・という口コミを耳にしたからといって、美容目的で皮膚科を受診しないように、気を付けてくださいね。

尿素入りクリーム

くるぶし 黒ずみ クリーム

TO-PLAN(トプラン) かかとクリーム110g 尿素配合クリーム

尿素は角質層のうるおい成分である「天然保湿因子(NMF)」の一つで、水となじみやすく、水分を保持する性質があるため保湿剤として多用されています。肌のターンオーバーを促す効果があるので、黒ずんだ角質を除去してくれるアイテムとしても人気。

注意ポイント

尿素入りクリームを使用するときには、気を付けるべきポイントがあります。

肌のターンオーバーが通常どおりで、問題のない人が使い続けると、逆にターンオーバー周期が乱れてしまう原因になってしまうんです。ただしっとりと保湿させるだけのクリームなんて思っていましたが、ここは注意しないとだめですね。

くるぶしやひじ・ひざのガサガサに短期間、集中ケアとして使用するにはおすすめの尿素クリームですが、がさがさ過ぎてひび割れているレベルのかかとにはしみたりするのでおすすめできません。鏡モチ状態のかかとには、セラミド入りのクリームやワセリンなどで保護を。

ちなみに上記写真の「かかとクリーム」。なんだかレトロなパッケージですが、amazon's choiceになっている商品。とってもリーズナブルなのにガサガサかかとがストッキングに引っかからなくなった!など口コミ評価がとっても高い1品です。

尿素入りクリームはドラッグストアなどでも手軽に安く手に入るので状況に合わせて使ってみてくださいね。

ニベア

くるぶしの黒ずみにもニベア

むか~しからある定番の保湿クリームといえば、ニベアの青缶!って感じですよね。

巷では(と、いうかSNS上で)ニベアとアメリカの高級クリーム「ドゥ・ラメール」の主成分が似ている、と話題になって、黒ずみなどにも効果が高い!なんて騒がれました。

「ニベア」とはラテン語で「雪のように白い」という意味をもつクリームなんですが、実はニベア自体には「黒ずみを改善する」有効成分は配合されていません。

花王公式サイトで成分を調べてきました。

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

引用:花王公式サイト

この成分を見てみても、保湿成分はあるものの、美白に有効とされているような「アルブチン」や「トラネキサム酸」などは配合されていないことがわかります。

ニベアはあくまで「保湿剤」的立ち位置のクリーム。ですが、毎日塗り続ければ黒ずみのザラザラや角質をやわらかくする作用はあると思います。角質をやわらかくし、古い角質が剥がれ落ちる手助けをすることで皮膚の生まれ変わりをうながして、次に再生される皮膚がすべすべになった!という実感は持てるはずです。

クロキュアEX

クロキュアEX くるぶし 黒ずみ

市販されている黒ずみケア用の医薬品として名前もよく知られている「クロキュアEX」。従来の「クロキュア」の成分に加え、皮脂腺の働きを活性化し、皮脂分泌を高めるガンマ-オリザノールという成分を追加配合した「クロキュアEX」が人気のよう。

黒ずんだ角質を除去する主な成分として、ガンマ-オリザノールの他に次のようなものが含まれています。

黒ずんだ角質を除去し、皮ふをなめらかにする「尿素
血行を促進し、皮ふの代謝を助ける「トコフェロール酢酸エステル
皮膚の炎症を抑える「グリチルリチン酸-アンモニウム

が配合されています。公式サイトにもありますが、ターンオーバーを考えてみても2週間は朝と夜、しっかり塗りこんでいくと黒ずみ除去に効果が高いようです。

ドラッグストアで手に入るので、気になる方はぜひお試しを!

Copyright© Happy Shower , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.