デリケートゾーン(VIO) ランキング

必見【vio黒ずみクリーム】2020年おすすめランキング

vio黒ずみクリーム

VIOの黒ずみに悩んでいることって、秘密にしたい。更に言うなら、人にバレずになるべく早くどうにかしたい・・!

パンダちゃん
温泉とかプールとか、一目を気にせず入りたいよね

VIOの黒ずみに悩んでいる人に気になる点や知りたいポイントを聞いてみると、色々と回答をもらえました!

ポイント

  • vioの黒ずみを解消する具体的な対策は?
  • デリケートゾーンにも安心の成分ってどんなだろう
  • vioの色素沈着を予防する方法も知りたい
  • vioの黒ずみってレーザー治療できるのかな?
  • 足の付け根ってなんで黒ずむんだろう?
  • 生まれつき黒かったら色を薄くするのは無理?

見えない部分だしいいや・・とは素直に思えないですよね。やっぱり、お股の部分は黒ずんでいるよりキレイなほうがいいと思うのが女心。人に見えない部分だからこそ、日ごろのケアをコツコツしていればきっと改善されますよ。

vioの黒ずみにおすすめの商品のランキングのあと、VIOの黒ずみ予防や対策についてなども、併せてご紹介していきます。

VIO黒ずみクリームランキング

デリケートゾーン専用美白美容液【イビサセラムpro】

イビサセラムpro

デリケートゾーン専用のロングセラー美白クリーム「イビサクリーム」を累計15万本売り上げた同社がリピーターさんの声にお応えして開発したのが、さらなる美白を極める「Ibizaセラムpro」。値段よりも効果を重視する方におすすめ。市販のデリケートゾーン美白ケア商品に満足していない方にこそ使ってほしい1品です。

ピンキッシュボーテ(VIO)

バストアップクリームで大人気の「セルノート」が手掛ける、デリケートゾーン専用の黒ずみ対策クリーム。vioにも効果が出た!と絶賛されている商品です。なんと、初回無料(送料相当650円)で始められる定期コースがあるのも魅力。医薬部外品でアットコスメでの口コミも★6.2とスゴイ商品です!

デリケートゾーンの黒ずみケア専用 【薬用イビサクリーム】

デリケートゾーン黒ずみケア【薬用イビサクリーム】

口コミNo.1ワックス脱毛サロンが開発&販売したことで、「デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームといえば、イビサクリーム」!というほど売れまくった美白クリーム。トラネキサム酸を有効成分とした馴染みやすいクリームは、デリケートゾーンだけでなくなんと顔にまで使える安心成分。VIOだけでなく、全身の気になる黒ずみに使えます。

vioの黒ずみクリームを選ぶときのポイント

vioの黒ずみクリーム

vioの黒ずみ対策としてよく用いられるのは、やはりデリケートゾーン専用のクリームです。

デリケートゾーンなど黒ずみ改善に特化したクリームは、即効性はありませんが少なくとも数か月~半年程度使い続ける事で効果を発揮します。

vioの黒ずみクリームなどは色々な商品が出ていますが、選ぶ際のポイントとして美白成分はもちろん、肌の乾燥を防ぐ保湿成分が含まれている事、そして黒ずみの原因にもなる肌トラブルを起こさないよう余計な添加物が入っていないものが理想です。

こういったデリケート用黒ずみクリームは使い続けなければ意味が無いため、美白効果や保湿効果が期待でき、かつコストパフォーマンスにも優れている商品を選びたいですね。

デリケートゾーンの黒ずみクリームとして効果の高い成分とは

デリケートゾーンにおすすめの成分はトラネキサム酸

デリケート専用の黒ずみクリームには美白効果のある成分が配合されていますが、商品によって使われている成分も様々です。

せっかく使うなら効果がより高い成分を選びたいものですが、特に評価が高いのがトラネキサム酸です。

ちなみに・・トラネキサム酸がメイン配合されているクリームは、イビサクリームです。

薬用イビサクリーム

そもそも黒ずみはメラニン色素の沈着が原因ともいわれていますが、トラネキサム酸にはメラニン色素を抑制させる効果があるのです。

強い美白効果があるとされるハイドロキノンより効果は弱まりますが、家庭でも安心して使える点が人気の理由です。その他、プラセンタやアルブチン、ビタミンC誘導体が配合されているクリームも美白効果が期待出来ます。

vioの色素沈着を予防するためのポイント

 vioの色素沈着を予防するためのポイント

vioの黒ずみで悩まないようにするには、まず色素沈着を予防していく事が賢明です。

シーズ・ラボには、色素沈着に特化したエステがお試し価格でできるプランもありますよ。

ワキ・デリケートゾーン色素沈着お試しプラン

例えば下着やボトムスは、締め付け感の無いものを選ぶようにします。自分では刺激を与えているつもりではなくても、デリケートゾーン周辺の締め付けが強いと摩擦が生じ、メラニンが発生して黒ずみになってしまうのです。

黒ずみにならないためには、オシャレより履き心地を優先させ、ゆったりしたサイズの下着をつける事がポイントです。

またムダ毛を処理する場合はカミソリを使わず、電気シェーバーで刃が肌に当たらないようにケアしていく、洗う時はゴシゴシ擦らず優しく丁寧に、お風呂上りは乾燥を防ぐために保湿クリームを塗っておくといった事も有効な予防策となります。

vioの黒ずみはレーザー治療できる?

vioの黒ずみはレーザー治療できる?

シミやそばかすを薄く出来るレーザー治療は、vioの黒ずみにも効果が期待出来ます

レーザーにも色々な種類があり、それぞれ使える部位や症状は違うので見極めは必要ですが、デリケートゾーン専用のパルス幅で黒ずみを除去できるレーザーも存在します。

ちなみにレーザー治療は、1~2週間に1回のペースで5~10回繰り返すと効果が感じられるようになります。

特に痛みも強くないので、麻酔をする必要もありません。

クリームなどを使って自分でケアしていくより効果は早く実感出来ますが、費用は高くなります。お金に余裕がある人や、早く黒ずみを解消したいはレーザー治療を受けてみても良いかもしれません。

足の付け根はなぜ黒ずみやすい?

足の付け根はなぜ黒ずみやすい?

足の付け根もデリケートゾーンと同様に、下着や洋服の摩擦を受けやすい場所となっています。

締め付けが強い下着をつけているだけでも肌にこすれて摩擦が生じますが、足の付け根は歩く座るなどの動作からも刺激を受ける事になります。

また普段は隠れている部位だけあって、常に何かに覆われているような状態です。

スカートならまだ風通しが良いですが、体にフィットするようなジーパンを好む人は、特に足の付け根は蒸れやすい状態になっています。

蒸れが原因で発生する痒みやかぶれ等の肌トラブルも、黒ずみを発生させる原因となるのです。

デリケートゾーンが黒ずみやすい人と白い人の違いは?

デリケートゾーンが黒ずみやすい人と、それほど目立たない人の違いは、普段の習慣や行動から差が出てきます

黒ずみはやはり刺激が天敵で、長年カミソリでムダ毛を自己処理していたような人は、頻繁に肌に刺激を与えている事になるため、黒ずみが目立ちやすくなります。

また粗い目のタオルで体を洗う、強く擦るなどもリスクが高い行為で、良かれと思って長く続けていた事が裏目に出てしまうケースがあるのです。

さらに黒ずみは肌のターンオーバーとも関係があり、不規則な食事や睡眠を繰り返していると、ターンオーバーの乱れとなって黒ずみの原因となってしまいます。

vioを保湿するメリットとは

目立たない場所なのでつい放置しがちですが、実はvioも保湿が必要な部位なのです。

そもそもデリケートゾーンは目の周りと同じくらい皮膚が薄く繊細なので、乾燥を防ぐためにも毎日のお手入れは欠かせません。

保湿をこまめに行う事によって黒ずみ予防、または黒ずみ改善にも効果が期待出来ます。

またデリケートゾーンは、加齢とともにハリや弾力が失われていきます。

年齢とともに減っていく女性ホルモンの影響を受けている訳ですが、少しでも若さをキープするためにも保湿は有効で、ケアを続けると肌も柔らかくなり、潤いや弾力を取り戻す事が出来ます。

vioの美白にはクリームと石鹸どちらが効果的?

vioの美白にはクリームと石鹸どちらが効果的?

vioの美白には、クリームと同じくデリケートゾーン専用の石鹸も人気あります。

デリケートゾーン専用でイチオシは、イビサシリーズの『イビサソープ&デオドラント』です。

イビサソープ&デオドラント

夜は石鹸でニオイや黒ずみの原因を洗い流し、日中はデオドラントスプレーでニオイも抑えてくれる優れものです。

一般的にデリケートゾーン専用の商品は、市販のボディソープに比べて刺激が弱く、痒みやかぶれなどが起こりにくいのも特徴です。

自然由来の成分で作られているものが多く、肌への負担が軽いので安心して使えますが、強い美白成分が配合されている訳ではありません。石鹸は肌への刺激を少なくして黒ずみを目立たなくさせていくため、早く美白効果を実感したい場合はクリームの方が期待出来ます。

ただし石鹸は殺菌成分も含まれているため、デリケートゾーンの黒ずみだけではなく、臭いや痒みにも悩まされる人は石鹸でケアをしてみても良いかもしれません。

Copyright© Happy Shower , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.