毛穴 顔・鼻・ほお

鼻の毛穴黒ずみ何とかしたい!【やってはいけない】除去方法とは?

2019年10月16日

鼻 毛穴 黒ずみ

鼻の毛穴黒ずみに効くおすすめランキング

b.glen毛穴ケアプログラム

米国発の先端サイエンスコスメ、b.glen(ビーグレン)がトライアル価格でお得に♪毛穴の黒ずみや目立ちケアに特化して作られたトライアルキットはなんと365日全額返金保証付き。7日間気軽にお試しできますよ。

DUO ザ クレンジングバーム クリア

累計販売個数、なんと1,000万個を突破!のDUOクレンジングバームシリーズから、毛穴悩み専用の『クリア』を激推し!毛穴クリアカプセルが入ったバーム状のクレンジングが肌に乗せるとトロ~リととろける感覚に、ヤミツキになる人続出!初回半額になるキャンペーンでお得に試してみて。

【maNara】ホットクレンジングゲル

一度使ったら止められない!じんわりあったかい温感ゲルが毛穴の汚れを優しく吸着。美容液成分もたっぷり配合されているから、角質層をやわらかくして肌に負担をかけずにクレンジングできちゃう優れもの。W洗顔も不要です。スキンケアサンプルがたっぷりついた定期コースがイチオシです。

鼻の毛穴の黒ずみの原因は?

ぶつぶつのイチゴのように見える鼻の毛穴の黒ずみは、一体なぜできるのでしょうか?

鼻の毛穴の黒ずみ

毛穴黒ずむ原因は、おもに2つあります。

鼻の黒ずみ原因その①・・黒角栓毛穴

1つは、「黒角栓毛穴」と呼ばれるものです。過剰な皮脂や古い角質(たんぱく質)が毛穴の中にたまって「角栓」となり、その角栓が空気に触れることによって酸化した状態です。酸化した角栓は黒い色に変色するため、とても目立ちます。鼻は皮脂量が多い場所でもあり、その上、でこぼこした形で洗いにくい部分でもあるので、洗顔しても汚れが落ちていないことが多いのです。ですから、角栓のつまりが起こりやすいといえます。

鼻の黒ずみ原因その②・・色素沈着

2つ目の原因は、「メラニン色素が沈着してしまうこと」にあります。紫外線に長くさらされる環境にいたり、肌を強くこすって刺激を与えるなどして、角層のバリアが弱まり、正常にメラニン色素が排出されずに、肌に残ってしまうことがあります。この状態を、「メラニン毛穴」と呼びます。これらの原因によって、鼻の毛穴の黒ずみが起こるのです。

鼻の下の毛穴黒ずみって何?

鼻の下 毛穴 黒ずみ

鼻の頭や小鼻部分にできることの多い黒ずみ。ですが、毛穴の黒ずみで悩んでいる人の中には、「鼻の下の毛穴が目立ってヒゲのようになって困っている」という人もいるようです。鼻の下の部分(画像部分)は人中、とも呼びます。

肌のたるみで人中が黒ずむ?!

鼻の下から唇にかけての部分の黒ずみが目立ってしまう原因は、ずばり「肌の弾力の低下」にあります。もともと鼻の下部分は毛穴が大きい場所なのですが、年齢を重ねてくると肌は乾燥し、徐々にたるみも出てきます。すると、重みで毛穴は開いていき、以前よりも毛穴が目立ちやすくなるのです。鼻の下の黒ずみが目立ちやすいのは、そのためです。

パンダちゃん
えええ!まさか、たるみが原因だなんて・・!

ひげ剃りや摩擦刺激でも黒ずみに

また、鼻の下の産毛を処理しようとして、頻繁にカミソリを使用していたり、花粉症やアレルギー性鼻炎で鼻をかみすぎている、などの原因でメラニン色素が沈着してしまった可能性もあります。鼻の下は皮膚が薄い部分なので、刺激を繰り返し与えると色素が沈着し、黒ずんでしまうことがあるのです。

女性もヒゲの処理には気を付けないとね・・
しろくまくん

また、紫外線予防のためにせっかく日焼け止めを塗っていても、鼻の下は汗をかきやすい場所なので、汗で落ちてしまい紫外線を浴び放題になっていることも。

鼻の毛穴黒ずみの予防と対策

鼻 毛穴 黒ずみ 対策

 

鼻の頭はTゾーンと呼ばれる皮脂量の特に多い部分にあたり、角栓が生まれやすい場所です。また、鼻自体がでこぼこの大きい部分なので、洗顔しても汚れがきちんと落ちていないことがあります。

まずは正しい洗顔で予防

鼻の毛穴の黒ずみを防ぐためには、正しいクレンジングと洗顔を行い、常に皮膚を清潔な状態に保つことが大切です。正しい洗顔方法についてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください♪

鼻の黒ずみ、正しい洗顔方法

体の中から黒ずみケア

また、分泌する皮脂量を減らすために、体の中からケアすることも大切です。たとえば、ビタミンB2は余分な皮脂量の分泌をふせぐ働きがあります(レバー、鶏卵、魚卵、牛乳など)。ビタミンB6には皮膚機能を正常に保つ働きがあり(まぐろ、さけなど)、ビタミンEは皮脂の酸化を防ぐ(ナッツ類、大豆、穀類、緑黄色野菜など)作用があります。

そしてメラニンの色素沈着によって起こる「メラニン毛穴」を予防するには、肌の代謝を上げて、メラニンを排出しやすい体にすることが大切です。ストレスや睡眠不足など、肌のターンオーバーを遅らせることがないよう、普段の生活を見直しましょう。また、血行を促進するために、首の後ろやわきの下をマッサージするのも効果があります。

鼻の毛穴黒ずみ、除去の仕方いろいろ

鼻の毛穴黒ずみなくす

時間がたった角栓は、毛穴にこびりついているので、除去パックなどを使っても簡単には黒ずみを落とすことができません。

角栓は、ゆるめて除去!

まずは、固くなった角栓をゆるめてから、除去することが大切です。ホットタオルやスチーマーを使って、お肌をしっかり温めましょう。熱を加えることによって、毛穴はゆっくりと開いていきます。ホットタオルやスチーマーが面倒な場合は、お風呂の蒸気に当てるだけでも構いません。

酵素洗顔がおすすめ

温めた後は、洗顔料でたっぷりの泡を作り、肌を揺らすようにして、優しく洗いましょう。これだけで、毛穴の角栓をとることができます。洗顔後はぬるま湯で洗い流すか、蒸したコットンで優しくふきとりましょう。たんぱく質分解酵素が入った洗顔料などを使えば、さらに効果的に黒ずみを除去することができます。

青パパイヤから抽出できる「パパイン」という酵素には「不要な角質だけに反応する効果」があるそう。原料のパーム油とヤシ油にもこだわって、厳選したものだけを使用したナールスフォームの酵素洗顔はおすすめです。

綿棒&オリーブオイル作戦も効果的

酵素洗顔以外にも、綿棒とオリーブオイルで角栓をとる方法もおすすめです。オイルは、普段使用している美容オイルでOK。肌に直接使うので、香料などの添加物が入っていないものを選びましょう。

メルヴィータ ビオオイル

肌なじみの良いオイルは、ビオオイルのアルガンオイルや、無印良品 ホホバオイルがおすすめです。

オイルを手のひらに少量取ったら綿棒にしっかりとしみこませ、鼻の上を転がすように優しくマッサージしていきます。そしてぬるま湯ですすぎ、最後は冷たい水で洗って毛穴をひきしめます。その後は、洗顔して化粧水で保湿をしましょう。

週末など時間のある時に、スクラブやクレイパックを行うのも効果があります。気になる部分を集中的にケアしたい場合はスクラブパックを、肌質が弱くてスクラブの粒子が気になる方はクレイパックがおすすめです。

やってはいけない鼻の毛穴ケア

鼻 毛穴 黒ずみ 取る

鼻の毛穴の黒ずみをケアする時、やると逆効果になってしまう方法があるので、注意しましょう。やってはいけないのは、強い刺激を与えて黒ずみを一気にかき出す方法です。たとえば、指で毛穴の黒ずみを無理やり押し出したり、ピンセットでつまみ出す、などがあげられます。一見きれいに除去できるので、やってみたことがある人は多いのではないでしょうか。

パンダちゃん
一度やりだすと、止まらなくなるよね・・
ダメダメ!絶対NGだよ!!
しろくまくん

強い刺激は鼻毛穴に絶対NG!

でも、強い刺激でターンオーバーが余計に遅れるので、このケア方法はやめましょう。不要な角質がさらに増えて、角栓のもとになり、新たな黒ずみに変わる可能性があります。優しく洗顔するだけで、鼻の角栓は自然に押し出されていくので、強い刺激は必要ありません。洗っても角栓がとれない場合は、肌が乾燥している可能性があるので、保湿した後で洗顔をするとよいでしょう。

角栓にピンセットもNG

ピンセットで大きな角栓をぬくと、すっきりするかもしれませんが、さらに大きな角栓になる危険があるのでこれもNG。また、毛穴パックを頻繁に使う、洗顔時にごしごし洗う、化粧や日焼け止めを落とさずに寝る、なども肌に刺激を与える原因になるので、できるだけ避けましょう。

取れづらい鼻の横の毛穴黒ずみはどうする?

鼻の横 毛穴 黒ずみ

鼻の横の小鼻の部分は、なかなか黒ずみが落ちにくい部分です。洗顔料だけでは汚れをかき出しにくいこともあるでしょう。そんなときは、小鼻専用のブラシを使うと、簡単に黒ずみケアができることをご存知ですか。小鼻専用ブラシは、100円ショップでも購入できるので、手軽に手に入れることができます。洗顔ブラシの細かい毛先が、毛穴の奥まで届いて、汚れをかき出してくれるのです。ブラシの毛先がとても柔らかく、使い心地もいいので、おすすめです。

小鼻の毛穴の洗い方

まず、蒸しコットンを鼻全体にのせて、温めましょう。蒸気で毛穴を開かせることによって、さらに効果がアップします。洗顔料の泡をたっぷりと鼻にのせて、洗顔ブラシで浮いた角栓をそっとかき出していきます。「の」の字を描くようにするとよいでしょう。洗い終わったら、洗顔料を洗い流し、最後に美白美容液で肌を整えます。週に何度かケアしていくことで、見ちがえるほど小鼻の黒ずみが薄くなっていきます。

鼻の毛穴黒ずみ、正しい洗顔方法

鼻 毛穴 黒ずみ 洗い方

鼻の毛穴黒ずみを防ぐためには、毎日の洗顔が非常に大切です。正しい洗顔方法で、お肌のケアをしていきましょう。まず、洗顔の前に、クレンジング剤で化粧などの汚れを落とす必要があります。クレンジング剤は手のひらで温めてから使用すると、なめらかになり肌への刺激が少なくなります。顔の中心から外側に向けてゆっくりとマッサージして、25度~30度くらいのぬるま湯ですすぎましょう。

クレンジングはどれがいい?

この時使うクレンジング料はオイルタイプのものがいいのか、ジェルタイプのものがいいのか?など迷う人も多いと思いますが、基本的にはお好みでよいかと思います^^

ただ乾燥肌よりの方は、クリームタイプで美容成分や保湿成分もあるものがいいですよ!

クレンジングが終わったら、洗顔料を泡立てて、そっと顔にのせていきます。気になる鼻の部分は、優しく円を描くようにして、洗います。余分な皮脂を取り除くことを意識してください。洗顔後は、また25度~30度くらいのぬるま湯でしっかり洗顔料を洗い流しましょう。

ぶたくん
ぬるま湯ってのは大事なポイントだね

洗顔が終わったら、化粧水や乳液で保湿を行います。乾燥すると余計に皮脂が分泌されて逆効果になるので、気をつけましょう。コットンで優しくパッティングしても構いませんが、肌をすべらせるようにして化粧水をなじませると、刺激になり角層が固くなるので注意してください。手でやさしく包むように保湿するとよいでしょう。

鼻の毛穴黒ずみ、プロに頼るなら

自分で色々と対策はしてみたものの、やっぱりイマイチこれといった効果がでない、自分じゃもうどうにもならない!!と悩んでいる方は、もうプロに頼るのもアリ

あのドクターシーラボを開発したクリニックが完全プロデュースするメディカルエステ「シーズ・ラボ」なら、フェイシャルエステのメニューもかなり充実!このサイトからも毎月かなりのお申し込みが。

関連
ドクターシーラボのエステ【シーズ・ラボ】フェイシャルコースをお試し!

このページの目次1 ドクターシーラボのエステ「シーズ・ラボ」フェイシャル編1.1 フェイシャルコース体験プラン一覧1.2 しわ&たるみコース1.2.1 ウルトラCiリフトコース(たるみ)★1.2.2 ...

続きを見る

今回の場合にぴったりなのが「毛穴解消ピーリングコース」。初回お試しプランもあるので気になる方はチェック!

初回体験5,000円

シーズ・ラボ公式サイト

ドクターシーラボグループ

Copyright© Happy Shower , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.